歯周病

歯周病とは

歯周病は、日本の成人の約80%の方がかかっているといわれている病気です。患者様の多くは、むし歯の方を気にかける方が多いですが、実際に歯を失う原因の多くは歯周病です。

まずは、歯周病にならないための予防歯科を行い、すでに歯周病にかかってしまっている方は状態を悪化させないための治療を行いましょう。この2点を見据え、雑賀歯科医院ではチーム一丸となって、皆様のお口の健康をサポートしていきたいと考えております。

歯周病の原因

歯周病の原因は、歯に付着した歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌の感染によるものです。そのままにしておくと歯と歯ぐきの間から出血をしたり、歯ぐきが腫れたりし、最悪の場合には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまうリスクがあります。

歯垢(プラーク)は、時間が経つと自宅でのブラッシングでは取り除くことができず歯石になります。歯石があることで周囲の歯垢(プラーク)除去を困難にします。また、歯周病は狭心症や心筋梗塞、糖尿病などの全身疾患にも関連があるといわれております。

歯周病チェック

こんな症状に心当たりはありませんか?

  • 歯磨きの時、歯ぐきから出血する
  • 歯ぐきが赤く腫れている
  • 歯ぐきから膿が出ている
  • 歯並びや噛み合わせに変化を感じる
  • 口臭が気になる
  • 冷たいものがしみる
  • 歯ぐきが下がって、歯が伸びて見える
  • 歯がグラグラしている

歯周病治療の流れ

    予防こそ最良の治療。あなたは自分の歯の本数をご存知ですか?

  • 01.問診・カウンセリング

    生涯、健康な口腔環境で過ごすために “歯科医師・歯科衛生士“ が質の高い歯科医療を提供すると共に、「予防中心型の歯科医療」を行います。
    当院では、よい治療を行う為には、技術が大切だと考えております。しかし、皆様がお口についてどんな希望や不安をもっていらっしゃるかなど、私たちが皆様の気持ちを理解することも、技術と同じくらい大切なことだと思っております。
    そこで、お口について気になることや、治療の希望などをお伺いいたします。

  • 02.精密検査

    • レントゲン撮影

      お口の中のレントゲン撮影をいたします。

    • 口腔内写真撮影

      お口の中をカメラで撮影いたします。

    • 虫歯の検査

      お口の中のレントゲン撮影をいたします。

    • 歯周病の検査

      1本の歯につき6ポイントづつ歯周ポケットの深さを確認いたします。

  • 03.精密検査結果のご説明

    精密検査が終了すると、むし歯や歯周病など、お口の中の問題点をご説明いたします。

  • 04.治療の開始

    患者さまそれぞれのお悩みやご意見、また治療や歯科医療についてのご意見をお聞きした上で、各種診断のもとできるだけご自身の歯を残し、生涯にわたり健康にお過ごし頂くために、最善の治療をご提案させていただきます。

    • プロフェショナルアドバイス

      お口の中のレントゲン撮影をいたします。

    • 歯石の除去

    • 歯周病の再検査

      歯石を除去し初診時より、歯周ポケットがどのくらい回復したかの再検査を行います。

  • 05.中間報告・今後のプランについて

    歯周病の再検査の報告をさせて頂きます。歯石を除去したうえでも、炎症が治まらない場合は、外科治療の適応となります。
    外科治療への「内容」や「目的」をご説明させていただき、歯周外科治療となります。

  • 06.歯周病外科治療

    歯周病により悪くなった組織の除去を行い、失ってしまった歯周組織を修復させるための特別なお薬を使用します。また、歯を支えるための骨を回復させるお薬を使用し、土台を強化することで、生涯自分の歯で食事をしていただけるような治療を行っていきます。

  • 07.予防プログラム開始

    むし歯リスクや歯周病リスクを下げる為、私たちは、お口の状態に合わせた日頃のケアの方法だけではなく、定期的なご来院によるお口の中のチェックとお手入れのご提案をしております。

新規導入!!
歯科用内視鏡による治療「ペリオスコピーシステム」

雑賀歯科医院では歯科用の内視鏡「ペリオスコピー(Perioscpy)」を使用した歯周病治療システム導入しております。

ペリオスコピーとは、ファイバースコープを利用し歯周病の原因となる、歯周ポケットの内部や深い部分の「歯石」をモニター状で確認する歯科医療用器械です。これまで直視することができなかった歯周ポケット内を内視鏡を使うことで可視化し、細部まで丁寧な治療が可能になりました。

内視鏡といえば、胃や大腸の中を覗く医療機器として皆さんもご存知かと思いますが、その「内視鏡」が「歯科治療」にも使われ始めました。

今まで「手探り」で行っていた歯と歯の間や歯周ポケットなどをペリオスコピーは狭く細い部分もしっかりと画像で映しだすため、明視野において確実に歯石やバイオフィルムを除去していきます。

歯科用内視鏡の良い所

歯周病治療で「怖い思い」をしていませんか?「痛い思い」をしていませんか?

きちんと患部を見ながら歯周病治療が可能な新しい治療システムです!

  • 細い管を口の中に入れるだけなので身体への負担も従来と比べて低減される
  • 従来よりも正確な診査・診断ができる
  • 治療による歯肉の傷口が小さく出血も少ない
  • Point 従来に比べ身体に優しく
    侵襲が少ない

    歯周外科治療のようにメスによる切開を最小限に抑え、歯周ポケット内だけを治療できます。

  • Point
    深部をモニターにより確認!

    明視野において確実に歯石やバイオフィルムを除去します。