TOPICS

新生活のくいしばり

お知らせ

4月になり、新生活を迎えた方もいることでしょう。

街中では、ピカピカのランドセルを背負って

小学校へ登校する子供や

新社会人として、真新しいスーツを着て

会社に通勤している姿が見られます。

新社会人の皆さんは、「社会人としてのはじめ一歩」を

踏み出していると思います。

学生時代は、両親や学校に守られての生活です。

それと一方で、社会人は

自分の行動に責任を持たなければなりません。

そのため、今までの生活から一変するためストレス

感じてしまいます。

そうすると、無意識の夜「歯ぎしり」

日中「くいしばり」

お口の中で不調を感じる場合があります。

 

無意識の「くいしばり」「歯ぎしり」が原因で、

歯が割れたり、歯ぐきや歯を支える骨に影響がでます。

また、知覚過敏が生じてしまいます。

くいしばりや歯ぎしりから歯を守る

ご自身で、「くいしばり」「歯ぎしり」を判断する方法があります。

①上下の歯の噛み合わせ面が、すり減り平らになっている

②頬の内側や舌にかんだ痕がある

③朝起きた時に口の周囲がこわばっていたり、顎が疲れている

④口を普通に閉じた状態で、口の中で上下の歯がくっついている

上記のことに、当てはまるものがあると

「くいしばり」「歯ぎしり」をしている可能性があります。

 

まずは、自分で気付く(認知すること)です。

もし気付いたら顎の力を抜いて、

上下の歯を離してみてください。

何かに集中しているときに起きやすいので、

ご自身でくいしばらないように

常に暗示をかけるようにすることもコツです。

また、生活スタイルのストレスが

原因のことも関連してきます。

深呼吸をおこなったり、リラックスする方法を見つける事も大事です。

慣れない生活の中でも、お口のことを心がけてはいかがでしょう。