TOPICS

上野焼の白い器(その一)

「白」のコラムブログ雑賀歯科便り

知人の歯科医院の近くの上野焼の窯元で購入した白い器。使ってこそいっそう美しい「用の美」を備えた一品。素朴さの中にも上品さを感じさせるその白さに美しさを感じさせます。上野焼(あがの...

美しいと感じる歯の白さとは

「白」のコラムブログ雑賀歯科便り

9月初旬は二十四節気では【処暑】といいます。この季節は、だんだんと夜が長くなり食物も収穫が増える時期でもあります。新米の収穫を向かえ、十五夜でお月見団子を食べるのもこの時期ですね...

「手毬」

「白」のコラムブログ

先日、患者さんから白いお花を頂きました。オオデマリという名前のお花です。オオデマリ(大手毬)は初夏にアジサイによく似たボール状の花を咲かせる落葉低木です。英名はジャパニーズ・スノ...

「気品」

「白」のコラムブログ

リキュウバイ(利休梅)の花が咲き始めました。リキュウバイは、ソメイヨシノが散る今頃に、清々しい白い花を咲かせます。明治末期に中国から渡来した茶花で、花が桜に似ているのは、同じバ...

お餅にまつわるエトセトラ

「白」のコラムブログ

1月11日は鏡開きの日です。お正月についたお餅を手で割り、頂く日です。皆さんはこの鏡餅がなぜ丸いかご存知ですか? 三種の神器に「八咫の鏡」があるように、鏡は神様の象徴でもあった...

綿柎開く

「白」のコラムブログ

夏の暑さが雨と共に和らぎ始めましたね。八月の終わりこの時期を二十節気で「処暑」といいます。暑い時期にクリーム色の芙蓉に良く似た花で楽しませてくれた綿花の実がはじけ純白の綿が顔を...